【舌の汚れが原因の口臭】舌苔の原因と改善法とは?

(注目記事)【性病からくる口臭】口臭と性病は関係性があるの?

(関連記事)【口臭対策サプリってホントに効くの?】実際に口臭対策サプリを試してみました

(関連記事)【口臭対策サプリ】臭ピタッ!の本当の効果とは?

c2006eb9e420baf2c517c2d7d654e2a8_s-crop

舌苔とは

舌苔は、舌の表面にある舌乳頭(ぜつにゅうとう)と言われる、ざらざらした組織の隙間に食べカスや剥がれ落ちた粘膜の塊などに細菌が繁殖して、舌表面に白っぽく苔が生えたように見えるものをいいます。

唾液の分泌量が少なく口内が乾燥したり、体調不良などにより体の免疫力が低下した場合に口内の細菌が繁殖して、舌苔が増加し口臭に影響を及ぼします。舌苔は、硫化水素を生成し悪臭を放ちます。口内の細菌のほとんどは舌の上に存在しますので、舌が口臭の原因となっている事が多いのです。

舌苔が増加する原因は?

舌苔は通常、誰にでも存在しているものです。ある程度の舌苔は口内の働きを正常なものにするために必要なものです。過剰な量でなければ口臭に影響はありません。では、その舌苔の量を過剰にしてしまう原因は何なのか見てみましょう。

●唾液の分泌量の減少

ストレスや不安、恐怖、怒り、緊張といった時に働く交感神経は唾液の分泌量を減少させ口内を乾燥させて舌苔を増加させてしまします。また、高血圧の薬や精神疾患などの薬を服用した場合も唾液の減少に影響を及ぼすものもあります。

●体調不良や睡眠不足などによる免疫力低下

免疫力が低下していると、細菌の増殖と活動が活発になり、舌苔が増加してしまいます。

●口内環境の悪化

歯磨きなどの口内ケアを疎かにしていると、当然のように口内の細菌が増殖し、その細菌が舌表面に付着します。それが舌苔となって口臭に影響します。

●舌の動きが少ない

舌を動かさないと舌苔は増加しやすくなります。噛んだり話したりする事が少ないと舌苔は増加します。また、高齢や病気になると舌の機能が低下し、動きが鈍くなると舌苔が溜まりやすくなります。特に寝ている間は舌を動かさない上に口内が乾燥してしまう為、舌苔が増加して朝の口臭に影響します。

●お酒やタバコの摂取

お酒に含まれるアルコールは利尿作用を促す為、それに伴って唾液の分泌が減少してしまいます。また、タバコを吸うと血管の収縮により口内の唾液分泌を抑制してしまい、口内の乾燥を招いてしまいます。

●口呼吸

口呼吸をしていると、舌苔が出来やすくなります。汚れというのは乾燥していると、こびりついて取れにくい状態になってしまいます。お風呂場や台所の汚れなんかもそうですが、濡れている時は取れやすいのに対し、乾燥していると擦らないと取れませんよね?あれと同じです。

●舌乳頭が他の人より長い

舌乳頭が長いと、その分細菌や食べカスなどが隙間に挟まりやすくなります。挟まるものが多いと、その分舌苔も多くなってしまうという事になります。

●胃腸の機能低下

よく聞く話ですが、胃腸の調子が悪くなると、舌に影響が出るという医学的理論があります。胃腸の調子が悪くなると、体の免疫力が低下する為、免疫力の低下によって細菌の増殖や普段はかからない病気になったりする事もあります。細菌が増加すると、細菌は舌苔の原因になってしまいます。

正常な舌苔とそうでない舌苔の違い

●正常な舌苔

正常な舌苔は奇麗なピンク色。と思っている人が多いと思いますが、これはちょっとした勘違いで、確かに正常な舌苔の状態は全体がピンク色です。そして舌の表面は「うっすら白い」というのが正常な舌苔の特徴です。薄っすら舌苔が付いている状態というのは、口臭に影響がありません。

●異常な舌苔

口臭の原因となる舌苔には、その原因によってそれぞれ特徴があります。特徴を捉える事で原因が何なのかを判断する事も可能です。

■白く厚い舌苔

風邪を引いている時などの免疫力が低下している時、胃腸の機能が弱っている時、また唾液の分泌量が少ない時にも白く厚い舌苔が出来ます。

■黄色い舌苔

舌苔が黄色くなる理由として考えられる原因が、タバコの吸い過ぎによるタールの付着、胃腸の機能低下、婦人科系の病気、アレルギー性疾患などによる理由があります。

■黒い舌苔

口の中の細菌バランスが崩れ、正常な細菌が減少するのに対し異常な細菌が増殖している時に現れる現象です。主に抗生物質を長期間服用した際に見られる現象で、黒毛舌(こくもうぜつ)とも呼ばれています。舌の上の角質が伸びて硬直し、舌の上に黒い毛が生えた様に見えます。

■舌苔が所々無い(地図状舌)

地図状舌(ちずじょうぜつ)は、幼児や若い女性がなりやすい舌苔の状態で、舌苔がまだら模様になっています。原因として考えられるのが、ビタミンB群の摂取不足やストレスが原因となるようです。バランスの取れた食事と、過労を控えて規則正しい生活を心がけて下さい。

■舌苔が無い

舌苔が無い場合は、慢性的な栄養不足が主な原因として考えられます。その中でも鉄分とミネラルが不足している可能性があります。

舌苔が臭いのはなぜ?

舌苔は細菌が集まって出来たものなので、指を舐めて嗅いでみると臭かったり、口臭の発生源となってしまいます。舌に付着している細菌は、食べカスや剥がれ落ちた粘膜をエサにしています。細菌によってたんぱく質が分解されると臭いの原因物質を生成します。

この臭いの原因物質は通常、唾液中に混ざっているのですが、口内が何かしらの原因によって乾燥すると、原因物質が気化します。それが口臭となって発生してしまうのです。

また、舌苔の臭いは生ゴミや下水のような臭いに近いので、それらの表現で臭いとされる事が多いようです。

舌苔を予防・改善する8つの方法

1. 朝・夜の歯磨きをしっかり行って、口内を清潔にする。

2. 水分補給(水)をこまめに行い、口内の乾燥を防ぐ。

3. 食事の時は良く噛んで食べる事で、唾液の分泌が促される。

4. ストレスを出来るだけ溜めないように、リラックスした時間を作るようにする。

5. 暴飲暴食を避け、規則正しい生活をする。

6. 適度な運動を心がける。

7. いびきを改善する事で、口内の乾燥を防止する。

8.会話を沢山する、口を動かす(ガムを噛んだり)。

これらの方法を日常的に行い、心がける事によって舌苔を予防・改善する事が出来ます。

まとめとポイント

・口内の細菌のほとんどは舌の上に存在し、舌が口臭の原因となっている事が多い

・舌苔が増加する原因は、唾液の分泌量の減少、体調不良や睡眠不足などによる免疫力低下、口内環境の悪化、舌の動きが少ない、お酒やタバコの摂取、口呼吸、舌乳頭が他の人より長い、胃腸の機能低下などがある

・正常な舌苔の状態は全体がピンク色で、舌の表面は「うっすら白い」というのが正常な舌苔の特徴である

・異常な舌苔には、黄色い舌苔や黒い舌苔など様々な種類の舌苔があり、それぞれの特徴がある

・舌苔は細菌が集まって出来たものなので臭い

舌苔は、誰しもが持っている舌の層です。一定量を超えて舌苔が増加する事によって口臭を発生させてしまいます。舌や口内ケアはしっかり行っているのに舌苔が多く出来るという人は、生活習慣やストレスなどの問題があるのかもしれません。

舌は、体の健康状態を表しているとも言います。急に舌苔が増加したりした場合は、体からの何かしらのサインが出ていると捉えるべきです。時々、鏡の前で自分の舌のチェックをしてみてはいかがでしょうか。

(注目記事)【性病からくる口臭】口臭と性病は関係性があるの?

(関連記事)【口臭対策サプリってホントに効くの?】実際に口臭対策サプリを試してみました

(関連記事)【口臭対策サプリ】臭ピタッ!の本当の効果とは?

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【焼肉で口臭】焼肉の口臭はなぜキツくなる?

焼肉による口臭 焼肉屋さんに行くと、店を出た後に臭う

【口臭予防】口臭予防に効果のある対策法とは?

口臭予防とは 口臭って、他人の臭いには敏感な所が

【 口臭を治したい】自臭症ではないけど・・・

自臭症ではない 私は、18歳になる高校三年の男で

【性病と口臭の関係】性病になると口臭に影響がある事実

合コンで知り合った男性 私は20代前半の女で、会

【お酒の口臭】お酒の臭いがバレないようにする方法は?

お酒大好き三十路のサラリーマン 私は現在、三十路

→もっと見る

PAGE TOP ↑